駆除という名の統率

陸上部

イングランドが東南アジアへ達成したようですね。
間もなくして、ヴェネツィアも到達して、到達度を下げられたようですが・・・
どうも、管理人のチェです。

とりあえず、狙撃術R5達成
f0013302_8245657.jpg

あとはコルトを用意すれば、愛用しているトロワヴィルと合わせて5+3
で、銃士転職クエストを紹介できます。
自分は剣術非優遇の銃士に興味がありませんが(ぉ

BLaC陸上部は部員を随時募集中
ここで近、中、遠の評価を自分の思い込みで答えますと

【近距離】

長所
・攻撃力が高い
・防御力が高い

短所
・攻撃可能範囲が短い

フィニッシュアーツ
・自身攻撃力UP/軍人 相手攻撃力DOWN/冒険
・自身防御力UP/軍人 相手防御力DOWN/冒険
・挑発効果(襲われやすくなるんだろうか)/軍人
ゲージ増加/冒険

【中距離】

長所
・攻撃可能範囲が広い
・近距離からの攻撃を受けない(アイテム除く)

短所
・防御力に0.8の補正値がかかる

フィニッシュアーツ
・全体攻撃/冒険
・アイテムゲージ減少/冒険

【遠距離】

長所
・攻撃範囲が広い
・近距離からの攻撃を受けない(アイテム除く)

短所
・防御力に0.7の補正値がかかる

フィニッシュアーツ
・相手攻撃力DOWN/軍人
・相手防御力DOWN/軍人
・移動封じ/軍人

BLaC内で商人の陸上部員がいないので、商人用フィニッシュアーツはわかりませんが
単純な総合力では、近距離
PTを組んだ時の攻撃力では、中距離
サポートに関しては、遠距離
という感じでしょうかね。

陸上戦スキルによる攻撃補正は
応用剣術でR×3
投てき術、狙撃術でR×4
と、後者の方が上昇が大きいのですが

既存武器において
近距離:エクスカリバー 攻撃力100 剣術+3
中距離:ビチャク 攻撃力37 投てき術+1
遠距離:トロワヴィル 攻撃力32 狙撃術+2

逸品により、攻撃力は変わるので上記が全てだと言うわけではありませんが
応用剣術R15と投てき術、狙撃術R15の攻撃力の差は15
明らかに縮めれない攻撃力の差がでています。
いずれ、攻撃力の高い投てき武器や狙撃武器が出てくるかもしれませんが
現状では、近距離が最も攻撃力が高いといえるでしょう。

次に投てき術の魅力は、フィニッシュアーツだと思います。
近距離は攻撃力、防御力ともに優れていますが、前列の単体しか攻撃できません。
しかし、中距離では全体攻撃が可能なので攻撃の起点を作ることが可能だと睨んでいますし、アイテムゲージ減少効果は戦闘のリズムを作ることができると思います。

最後に狙撃術に関していいますと
攻撃力、防御力ともに近距離に及びませんし
防御補正量も中距離より多くて不利
どのレンジの敵にも攻撃できるとはいえ、相性的には近距離>中距離>遠距離>近距離
なので、後衛に攻撃をするという観点で見れば中距離の方が強かったりします。
そうなると、遠距離の役割は何なのかという事になりますが
特徴的なのがフィニッシュアーツの移動封じぐらいでしょうか
これは、武器持ち替えによるレンジ移動を封じる技で
おそらくこれを使うのは、レンジ破壊を狙うときだと思います。
レンジ破壊とは、前衛が全て倒されたときに生じる効果で
レンジを破壊されると、残った中衛や後衛が武器を持ち替えて前衛になることができません。
つまり、防御補正がかかっている上に、相性が悪い近距離にタコ殴りにあうデメリットが生じます。
前衛が1人でもいれば、中衛や後衛が武器を持ち替えて前衛に回ることも可能なので、前衛に2人以上配置するのが効果的なPTだと言えるでしょう。
それを妨害するのが移動封じと・・・
本当にそれだけ
なので理想のPT構成は
近距離2、中距離2、遠距離1
かなぁとは思いますね。
まぁ、対NPCなら
近距離1、中距離1、遠距離3
でもいいとは思います。
どうせ殴られるのはRaku(ry

あとはアカデミーに参加してみました。
エル・グレコ杯
なんとか10勝し
景品の漆黒の宝冠ゲット
f0013302_981549.jpg

てっきり、エル・グレコにちなんで美術+な宝冠かと思いましたが
唯一の地理+頭装備なので、メルカトール杯で取れなかったユーザーからの苦情がでたのか
ただの運営の手抜きなのか


[PR]
by tie-G | 2006-12-10 09:10 | 大航海時代オンライン
<< いざ行かん、東南アジア 海戦技術 >>



tieの気まま日記
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31