駆除という名の統率

作戦用コルヴェット

LinksにEuros大決闘を追加しました。
以前の大決闘で知り合いになったラズリ氏が運営する新しい陸上戦サイトです。
公式説明では記載されていない陸上戦システムもあり、これから陸上戦を始めようと思われる方必読のサイトと言えるでしょう。
ちなみに、前のEuros大決闘はこちら
どうも、管理人のチェです。

えー
昨日の記事に書いた賞金額842万Dの私掠海賊を返り討ちにした所為で、商会内で脳筋と呼ばれてますが
カヨワイというのは嘘でも、さすがに脳筋まではいかないデスヨ*カクカク*




なぜなら砲術系、白兵系スキルのどれもカンストしておりません。
模擬に至っては、ほぼ経験がありません。
大海戦の戦功100超えも未だ未経験です。
海事非優遇の考古学者でしたし、返り討ちにできたのは、船の相性
これに尽きると思います。

では、私の愛用している作戦用コルヴェットのスペックを記載しましょう。
f0013302_12555728.jpg

-18%ローズウッド製作戦用コルヴェット☆☆☆(専用艦スキル:急加速)でございます。
旋回速度15はバルシャより高いです。ハイ
遭遇戦用に改造すると、こんな感じ
こんな帆性能値でも、クリッパーと併走できるんです。驚きですね
f0013302_12582219.jpg

最大船室は69まで増量可能ですが、砲室42(14門×3基)で倉庫空きが114になってしまい物資の割り当てが厳しくなるので、60で抑えます。
船員10人近く減って、倉庫が9増えるだけでも水食料10人分を資材や弾薬に代えることができるのでこの差による影響は大きい。

次に艤装ですが
大砲は名匠ペリエ砲14門を使用します。
f0013302_13153814.jpg

目的は大まかに二つ
①接弦を防ぐために、早い段階で重量砲撃を当てる必要がある。
②追加装甲をつけていない為、カロネードの射程では横一撃で沈む可能性がある。
といった所

船首像は、災害守護7がオススメ
f0013302_13201231.jpg

賞金稼ぎRPで、ソロの賞金首に遭遇する確率は極めて低いので
戦闘にウェイトを置くより、通常航行にウェイトを置いた方が精神的に楽になります。
画像では聖ブレンダン像を付けています。これは非常に言いにくいことなんですが





このBlogのタイトルにもなっている駆除をきっただなんてとても言えないっ!!




げふげふ

ま、まぁ、聖ブレンダン像の代わりに、ティアマトの像も悪くないです。
f0013302_13235357.jpg

マッサワの投資レシピ【アラブ神獣の像彫刻術】
工芸R13 真珠5 銅20 木材25で作成できます。
銅は銅鉱石を精製するしか取得できないので鋳造も必要になってきますが、真珠は商会で20k~30k程度でよく売られているので、比較的材料は集まり易いと思います。
手に入れにくいという方はファフニールでもいいと思います。
ちなみに、ロンドン4番商館(銀行裏手)の我が商会Bar_Like_a_Childでも、28万Dでティアマトの像を出展してたりします。宣伝sry!!

補助帆はメインフルリグドセイル
f0013302_13333826.jpg

旋回速度15あるので、3枚つけても旋回速度12を維持できます。
これは、増減なし無印コルヴェットの旋回速度に相当します。

特殊兵装は大スプリット
f0013302_13351789.jpg

大スパンカーでない理由は、急加速をつけているからです。
急加速を使うと、向かい風だろうとグングン進めます。
帆船の漕船スキルといっても過言ではないでしょう。
ただ、発動時間が30秒と短く、使用行動力は30と高いので直向かい風時に使用し
横風や追い風のときは向かい風に比べて恩恵が少ないので使用を控える感じです。
そのための横帆強化というわけですね。

最後に物資の割り当てですが
水大目、食料少な目が基本です。
f0013302_13474182.jpg

インド、東南アジアで宝石や香辛料を積んで帰るときと要領は同じです。
そのために、運用、釣りは必須で調達or工芸(小麦→ビール)はあると便利です。
資材は30-50
弾薬は15前後あれば、大丈夫かと思います。(機雷敷設を使われる方は+10するのがベターかも?)

と、自身の船の説明はこんな感じでしょうか。

次に相手にした私掠海賊の船はアラビアンガレー(おそらくチーク製)
相手の船情報を確認するのを忘れたのが残念です。

アラビアンガレー(チーク)の基本性能は
縦193 横78 漕力90 旋回速度10 耐波3 装甲14 最大耐久467
最大船室157 砲室60以上(14×3+船首天使8+船尾メテオ10)
砲スロ3 船首船尾付 補助帆3 船首像1 特殊兵装2 追加装甲3
といった所
艤装スロットが作戦用コルヴェットより多いんですが
遭遇戦での砲撃戦になれば、ほぼ互角。
むしろ、旋回速度で上回っている分、作戦用コルヴェットに分があると言えます。
ただ問題なのは、アラビアンガレーの白兵能力
船員157人から繰り出される先制攻撃を食らうと、60人の作戦用コルヴェットは一溜まりもありません。
さらに一度接弦されると、撤退に成功しても振り切るのが難しいんですよね。
つまり、接弦される=負け確実

なんですが
要は接弦させなければ問題ありません。
そこで活躍するのが

【重量砲撃】

というわけです。
これで相手の出足を奪い、接弦をほぼ不可能にすることで砲撃戦に持ち込むことが可能になり
有利な土俵で戦うことができたから勝てた。
ただそれだけのことです。
決して脳筋だからとかジャナイデスヨ

[PR]
by tie-g | 2007-06-06 14:12 | 大航海時代オンライン
<< OK兄弟 うっかり >>



tieの気まま日記
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31