駆除という名の統率

収奪の旅

体調のほうも、大分よくなってきました。
昨日書いた記事を読むと、無茶苦茶な書き方をしていたので気持ち修正をば
まだ直したり無いところもありますが、放置で(ぉ
どうも、なまぐさ管理人のチェです。

採集もR8に到達したので、銃士に転職して収奪を始めようかなと
なぜ、収奪をするのに銃士になるのかといえば、銃士の優遇スキルが汎用性があって便利だからですね。
ちなみに

・戦術、銃撃、応急処置が優遇なので防御積荷強奪レアハントがし易い
・弾道学、水平射撃、速射が優遇で私掠海賊を討伐できる
・鋳造が優遇なので、船部品を自前調達できる
・陸戦で息抜きができる

といったメリットがあります。
あえてデメリットをあげるなら、スキルが中途半端なので海戦のようなガチの戦場では砲術家や上級仕官に転職してでることになりますが、半端なスキルしかカンストしませんね。
(舵や砲術、剣術に突撃などなど)

メリダ郊外で採集をして、巨大な葉を貯めてからPFで高級染料に変えて戻るという作業をしていましたが
帰りの道中、イスパニア商船隊を発見
早速、ロワイアルに換装して突撃
f0013302_8491490.jpg

軽量マホガニー板を3枚つけてたんですが、2連弾が痛すぎです
1隻拿捕しては沈んでを繰り返して、なんとか全拿捕することができましたが
マネキンをゲットできず
今まででイングランド、イスパニア、フランス、ヴェネツィアの沸きは確認できてます。
フランスは筋肉質女性型マネキン
イングランドがおそらく、ピザデブマネキン
ヴェネツィアとイスパニアはなんでしょうね。
ヴェネツィアを調べようとも思いましたが、錬金を始めるには敵対度を上げるのはよろしくないのでちと敬遠
錬金といえば、副官ですが
ボーナスのみで錬金術+1を覚えるまでにかかるリアル日数を逆算したら軽く3ヶ月かかることににに
1日8時間洋上でぷかぷかしてて1ヶ月ちょっと
8時間交易付けで2週間ぐらいでしょうかね。
どちらにしても錬金を始めるのはだいぶ先になりそうです。

Rakugoの野郎が応用剣術に本腰をいれるようなので、手伝いをして収奪の旅に
f0013302_9623.jpg


[PR]
by tie-g | 2007-09-07 09:06 | 大航海時代オンライン
<< 紙のために 新しい道 >>



tieの気まま日記
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31