駆除という名の統率

カリカット大海戦3日目

17時発の定期船に乗船し、仮眠をとって目が覚めたのが17:59
やべええええええ!と急いでPCを立ち上げて降りようとしたら
「リスボンまであと29日です」
と言われましたorz
どうも、管理人のチェです。
泣きながら自走でカリカットを目指し、ちょっとした喜劇に夢中になって南下しすぎたのもあり中型開始30分ほど前にカリカットに到着。
ちょうど昨日の艦隊が募集していたいので入らせてもらいました。
連携艦隊の茶室にパルサー脳筋先生ががが
で、結果はこんな感じ
f0013302_10441961.jpg

今回はF8に外科を登録しました。(昨日の海戦では誰も外科をしなくて解散というパターンが多かったため)
自分の反省すべき点は、無駄な被撃沈が多かった事かな
旗艦の撃沈、護衛が重要な大海戦
安易に僚艦に尻を向けて旗艦に向かおうとしての撃沈が多かった
あとはスキル切り替えのもたつきがあった事
戦闘以外は運用を発動しているのですが、戦闘開始で運用が中々切れてくれない
そして敵旗艦のクリティカルポイントに入ったときには、弾道+貫通+運用
ええい!ままよっ!!どがーん!!クリティカル!!
敵旗艦残り耐久:30
orz
でもスキルが育った分、大型でも十分撃沈できる火力があるので面白くなりましたね
今回初めて英国との対戦でしたが、補給隊の層が厚い
補給したいなぁと思って商船を見たらほとんど英国籍
ここも英国艦隊の強さの一つと言えるでしょう。
ちなみに戦功は前日の2.5倍
連携艦隊と仕掛けや援軍の役割を交代しながらやってましたが
お互い良い位置で援軍に入れたことで戦功が増えてます。
[PR]
by tie-g | 2007-10-29 11:09 | 大航海時代オンライン
<< 今後方針 大海戦2日目 >>



tieの気まま日記
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31