駆除という名の統率

闘技場要望

タイトルはBCのようにいつでも気軽に決闘ができる場所を提供して欲しいという要望というか願望。
目的は決闘の研究も兼ねた決闘初心者の育成です。
毎週土曜日に決闘道場「鼠の穴」を催そうかと思いましたが
実際問題、毎週末欧州に束縛されるのは厳しいですし、人が集まるかすら怪しいと思います。
まぁ世界観をぶち壊しそうなので、無理に入れてくれとは言いませんが
せめてBC本部で決闘ができるようにして欲しいですね。
ちなみに私、決闘は初心者です。
嫌味とかではなく、決闘自体こなした回数は多くありません。
第2回大決闘会
第3回大決闘会(優勝)
第4回大決闘会(4位)
第7回大決闘会
ラズリさん送別決闘大会
イナゴパフェ同盟主催決闘大会(2位)
第3回戦技交流会
の7回決闘をしたぐらいで、大会以外で練習をするような事をしていません。
毎回、大会に出場して何が足りないのかを学んでいます。

第2回大決闘会
初めての決闘、タイマン戦
ガードFAから攻撃に移るつもりで惨敗
通常攻撃連打で勝利を収める。
防御より攻撃の重要性を認識

第3回大決闘会(優勝)
弱者を集中攻撃が効果的

第4回大決闘会
中距離攻撃が狙撃には辛すぎる

第7回大決闘会
如何に味方を活かせるかが課題

ラズリさん送別決闘大会
皆でワイワイ
第3回戦技交流会で魅せたアイテム登録の実用性の確信

イナゴパフェ同盟主催決闘大会(2位)
石化アイテムの詳細な効果を知る
狙撃術のみの限界を認識
ハイブリッド構成決意

第3回戦技交流会
投てきを2人含むPT相手に序盤狙撃ででると不利。

とまぁ、ざっとこれぐらいしか経験値を積んでいませんが
まだ駆け出しの人に今まで学んできた事を教え、自分も鍛えられたらいいなーと
決闘道場「鼠の穴」を考えたんですが、気軽に決闘をできる環境の問題があるわけです。
戦技交流会の開始前に早めに来て練習をするという方法もありますが
一応、名誉をかけた決闘会の前に手の内を晒すような事も控えたいところでしょう。
実際、ラズリさん主催の大決闘会で本番前の決闘で技を盗んで優勝しました事もあります。





第3回戦技交流会で決闘をして得たものは他にもありまして
前から羅螺さんが検証していた事なんですが
与DMG算出方法
やはり防御値より攻撃値の方が影響が大きい気がします。
ラストの長引いた試合で、後衛チャージFAを駆使して相手の防御力を下げたんですが
目に見えるDMGでいえば
100→140ぐらいになった程度でしょうか。
大体1.4倍、まぁ相手が相性の悪い投てきだったのもあります。
対する攻撃UPですがMAX2倍まで上がることを考えると狂戦士状態と同じ攻撃力になると思えばいいでしょうか。
そう考えると、与DMGが180前後でてもおかしくありません。
つまり1.8倍
そう考えると、羅螺さんが立てた数式に近い感じなんですよね。
あとはPT戦を考えると投てきの全体FAは結構魅力です。
ラストの試合で2本とも2vs1の状況になりました。
なんとか味方を生かしたいと思ってましたが上手くいかず
投てき術も習得しようかと考えています。
タイマンでは銃士。多人数戦では遊撃隊士といった感じですね。
まぁそうなると、投てき術をカンストする必要がありますな・・・

[PR]
by tie-g | 2008-03-24 11:18 | 大航海時代オンライン
<< 休止告知 第3回戦技交流会 錬金R8 >>



tieの気まま日記
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30